デート相手が「元男性」と知り逆上 トランスジェンダー殺害で18歳男を逮捕

出会い系アプリで見つけた年上の女性。彼女に魅了されていた18歳の男は、しかし初めてのベッドで…。

社会

2020/06/21 20:20


 

 

■激しい怒りと憎悪の感情

ペレス容疑者は今月16日に行われた予備審問の場で、セレーナさんに対し、執拗に拳銃の引き金を引いたことを認めた。騙されたという激しい怒りや憎悪の情に支配され、一度は外に出たものの再び戻り、セレーナさんの体にさらに発砲を続けたことがわかっている。

審問ではニヤけるなどして法廷の人々を不快にさせた容疑者。保釈保証金の設定がなされないまま、次回は来月6日の出廷を命じられている。


関連記事:不倫した末にフラれた男 相手女性への猛烈なストーカー行為で裁判沙汰に

 

■LGBTへの理解まだまだ

トランスジェンダーの女性が、肉体関係を持った男性から罵詈雑言を浴びせられる、暴力を受けるなどの被害がアメリカでは少なくない。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の人々を守ろうと多くの人権擁護団体が抗議を行うなどしているが、殺害の標的とされるヘイトクライム事件は、トランスジェンダーだけでも少なくとも年に数十件ほど起きているという。

・合わせて読みたい→発砲ウレタンスプレーを口に吹き込み我が子を惨殺 ナルシストの父親に終身刑

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)