ミニストップのレジ袋をひと言で“実質無料”にする方法が超簡単だった

レジ袋の有料化を始めているミニストップで、レジ袋代を実質無料にする方法が簡単だった。

話題

2020/06/22 06:30

ミニストップ

7月1日よりプラスチック製のレジ袋が全国的に有料化されることが決定し、世間で話題になった。そんな中、『ミニストップ』は一足先にレジ袋の有料化を実施しており、それをたったひと言で「実質無料」とする方法が見つかったので紹介しよう。


画像をもっと見る

 

■「有料化されてる」と驚き

ミニストップ

コンビニ大手3社と言われる「セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン」のレジ袋有料化が7月からということもあり、世間ではミニストップで既に有料化が始まっていることに驚いたという意見も度々耳にする。

実際にネット上では「ミニストップはレジ袋の有料化もう始めてんのか」「ミニストップで有料レジ袋と言われビビった」「ミニストップ袋有料化されてるやん」といった声が散見される。

なお、マイバックを用意する期間として現在は「1円」で販売されており、7月以降は「2円(特大サイズは4円)」での販売となる。


関連記事:100円ショップもレジ袋有料化 1枚いくらになるのか調べた結果…

 

■店員にひと言伝えるだけ

ミニストップ

そして、現時点でレジ袋代を実質無料にする方法は、「WAON POINTカード」を使用し、ボーナスポイントを受け取るというものだ。

「WAON POINTカード」とは、イオン系列の店舗で使えるポイントカードであり、6月30日までは同店でレジ袋を購入する際に提示すると1ポイントのボーナスが付与される。なお1ポイントは1円分として使用可能だ。

そのため、既にカードを持っている人は普段通り会計時に提示し、持っていない人はレジ前に置いてあるカードを店員に渡す、もしそこにない場合は「WAON POINTカードをください」とひと言店員に伝えれば、完了となる。

ミニストップ


■ポイントで実質無料に

実際にレシートで確認してみると…しっかりとレジ袋代の1円が加算され、ボーナスポイントも1ポイント付与されている。もちろん、会計の際に発生した基本ポイントも貯まるため一石二鳥だ。

ちなみに、ホットスナック等に用いられる紙袋は有料化対象外のため無料。ミニストップを頻繁に利用するという人は、一度試してみてはいかがだろうか。

ミニストップ

・合わせて読みたい→コンビニ大手3社レジ袋有料化 「店員も客も困る」意外な理由とは…

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(6枚)