大阪王将がついに「一切加熱しないでいい冷凍餃子」を開発 完成度も最高

これはうまい!大阪王将が作った冷やし餃子の味は

グルメ

2020/06/22 10:20

もうすぐ7月になり、気温もぐっと上がってくると思われるが、いまでも外に出ると汗ばむ陽気で、食べる物も冷やし系の物が欲しくなってくる暑さだ。

冷やし中華や冷やしそば、うどんなど冷やしメニューは数多くあるが、人気餃子チェーン・大阪王将が、斬新な冷やしメニューを開発した。


画像をもっと見る

 

■解凍の方法もお手軽

それは、2020年春夏商品としてスーパーの冷凍コーナーで販売されている『冷やし餃子』。なんと一切加熱をせず、流水で解凍するだけで食べられるのだ。

解凍の方法もお手軽で、凍ったままの冷やし餃子をボウルなどに入れて、流水で5分解凍すればいいだけ。コンロを使うだけで部屋の温度が上がってしまうため、これはありがたい。


関連記事:『カルディ』“焼きたて”を味わえる冷凍クロワッサンが最高すぎる

 

■ポン酢ジュレで調理

しらべぇ取材班はおススメであったポン酢ジュレをかけ、さらにその上からふりかけをかけてクリスピー感とかつおの旨味をプラスする味付けで調理した。

気になる味だが、半透明の皮が非常にモチモチしており、なめらかでしそが香る餡と絶妙にマッチして激ウマ! 家でまったく料理をしない人でも丼ぶりなどを使えば解凍できるので、一人暮らしにもありがたい商品だ。


■冷凍コーナーで見かけたらぜひ

また、ポン酢以外にもゴマダレやごま油塩で食べるのもおススメ。流水解凍だけで焼き餃子に負けない美味しさの冷凍餃子を開発した大阪王将、その技術に驚かされた。

大阪王将の店では食べられない『冷やし餃子』、ぜひスーパーの冷凍食品コーナーで見かけたら手に取ってほしい。

・合わせて読みたい→ホットサンドメーカーで作る『からあげ』が激ウマ もう揚げ油いらないかも

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)