無印良品の夏用マスク、在庫数が急激に変化 1週間前と比較すると…

『無印良品』で連日売り切れ状態となっていた夏マスク。しかし店頭の様子を見ると…。

話題

2020/06/23 18:00

無印良品

様々な企業がマスクの製造・販売に乗り出すことに、もはや違和感を覚える人は少ないはず。夏本番が間近に迫った現在は、より快適なつけ心地が追及された「夏用マスク」に注目が集まっている。



 

■「夏用マスク」の先駆け

『ユニクロ』の「エアリズムマスク」は即日完売となった人気商品だが、こちらは夏用マスクではないことに注意したい。夏用マスクの先駆けといえば、『無印良品』のアイテムが挙げられるだろう。

全部で3種類の夏用マスクが販売される予定で、第1弾となる「繰り返し使える 2枚組・マスク(サッカー織り)」は6月5日に販売された。


関連記事:『無印良品』公式サイトでマスクを調べると… 予想外の結果にユーザー驚愕

 

■販売から2週間が経過

販売開始当初は売り切れが続き、全く入手できる兆しが見えなかった同商品だが、現在は徐々に事情が変わってきている模様。

無印良品

6月第3週の週末、記者が都内近郊の『無印良品』を訪れると、夏マスクの在庫に余裕の見られる商品ラックが。その前週までは「1人当たり最大2つまで」という注意書きがあったはずだが、今回は「最大3つまで」と表記が変更されている。

無印良品

販売開始から2週間が経過し、夏用マスクもだいぶ入手しやすくなっているのだろうか。試しに近隣の店舗を訪れると、やはりこちらでも夏用マスクの在庫が確認できた。


■「エアリズムマスク」も…?

「手に入らない」と分かるとその商品がさらに魅力的に見えてくるものだが、ときには我慢も必要。ほんの数週間すれば、今回のように行列に並ばずとも、欲しかったアイテムがすんなり入手できるチャンスも訪れることだろう。

恐らく現在は、大多数の人が今月19日に販売されたばかりの「エアリズムマスク」を欲しているはず。しかし、あれだけの人気を誇った『無印良品』夏用マスクの在庫に余裕がみえてきたことを考えれば、「エアリズムマスク」も近いうちに、グッと入手しやすくなると思われる。

・合わせて読みたい→ユニクロマスク、求める人が相次ぎ悲鳴 「地獄絵図」「サイトも繋がらない」

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)