都内ドンキの店頭からマスクが激減 店員のひと言が衝撃的だった

『ドンキ』店頭からなぜかマスクの数が激減。その理由を聞いてみると…。

話題

2020/06/24 05:45


 

■店内の在庫に衝撃

ドンキ

記者が首を傾げながら店内を散策すると、1階奥にマスクのコーナーを発見。どうやらマスクの在庫は今まで同様、潤沢に揃っているようだ。

ドンキ

しかし、ならば何故これまでのように入り口に配置し、ユーザーへ在庫量をアピールをしないのだろうか。流行の移り変わりが激しい街では、既にマスクのブームが終わっているのでもいうのか…。


関連記事:『ドンキ』のマスク在庫が防波堤レベルに ユーザーからは不安の声も…

 

■季節柄の問題だった

好奇心を抑えきれず、ドンキの店員に話を聞いてみたところ、今回の配置換えは「気候」が関係しているとのこと。

記者が同店を訪れたのは6月上旬のことだったが、当時の関東エリアは気候の変化が激しく、真夏日のような暑さになったかと思えば、翌日は不自然なほど涼しくなる、といった具合であった。

風が強く吹きつける日も続いており、そのため「袋売りのマスクが突風に飛ばされる」という事態が多発していたとのこと。そういった事態を防ぐため、人気商品のマスクを一度店内に下げる決断に至ったようだ。

人気アイテムが入り口に置いてなかったからといって「品薄」と決めつけるのは早計。案外、店に入れば大量の商品を発見できるかもしれない。

・合わせて読みたい→『ドンキ』店頭に現れた1枚の写真 「その正体」は何より素晴らしかった

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(4枚)