自炊しない派が活用か? 30代以下の男性「新型コロナで出前の利用が増えた」

新型コロナウイルスの流行で外出を控えるために、食事は出前やデリバリーを活用していた人もいるだろう。

グルメ

2020/06/24 11:30

新型コロナウイルスの流行により、外出を自粛していた人は多いだろう。そこで注目されたのが、出前やデリバリーのサービスである。


画像をもっと見る

 

■「使用頻度増えた」1割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,880名を対象に、「新型コロナウイルスについて」の調査を実施した。

新型コロナウイルス流行以降出前やデリバリーの使用頻度が増えたグラフ

「新型コロナウイルス流行以降、出前やデリバリーの使用頻度が増えた」と答えた人は、全体で11.0%だった。


関連記事:新型コロナで料理のレパートリー増 20代以下の女性は3割も

 

■外食やコンビニの代わりに

性年代別では、10代から30代の男性が高い割合になっている。

新型コロナウイルス流行以降出前やデリバリーの使用頻度が増えた性年代別グラフ

自炊をしない人は、UberEatsを頻繁に利用していたという。

「基本的に自炊をしないので、いつも外食かコンビニだった。自粛期間中は外出をできるだけ控えるために、頻繁にUberEatsを利用していた」(20代・男性)


■自炊を積極的にするように

スーパーは営業していたので、自炊を続けていた人も多い。

「スーパーは営業しているので、食事は自分で用意をしていた。ただ今でも買い物は3日分くらいまとめ買いして、できるだけ外に出ないような工夫はしている」(20代・女性)


家にいる時間が長くなったために、料理をする機会が増えた人も。

「仕事がテレワークになり家にいる時間が増えたので、自炊を積極的にするようになった。自粛期間中に、料理の腕が上がった気がする」(30代・男性)

次ページ
■デリバリーさえも怖く

この記事の画像(3枚)