木村カエラ、夫・永山瑛太を嗚咽レベルで号泣させるも… 「素敵な夫婦」

俳優の永山瑛太が妻・木村カエラの作品を見て号泣したことを明かした。ファンは二人の関係性にほっこり。

エンタメ

2020/06/24 21:00

永山瑛太

6月23日をもって、デビュー16周年を迎えたアーティスト・木村カエラが、同時期に日記形式エッセイを発売。それにより夫である永山瑛太(旧:瑛太)が大号泣する事態となり、話題になっている。



 

■嬉しい報告が続々と

同日、ツイッターにて「みなさまの応援のおかげで、この日を迎えることができました。本当にいつも応援ありがとうございます」とデビュー16周年を迎えられたことへの感謝の言葉をつづった木村。

そしてその後、初の日記形式エッセイ『NIKKI』(宝島社)を発売したことも報告。嬉しいお知らせの連続に対し、当の本人はもちろん、ファンも喜びの声をあげていた。


関連記事:ウエンツ瑛士、DAIGOとWaTの楽曲を歌う 懐かしソングに感激する声も

 

■瑛太「涙が止まらなかった」

そして、後日24日に瑛太もツイッターを更新。「木村カエラのNIKKI読んだ」と切り出し、「冒頭から何度も嗚咽した。涙がとまらなかった」と赤裸々に語る。

激しく涙した理由が感動なのか、はたまたショックを受ける内容であったのかは定かではないが、「日本中の皆さんに読んで欲しい!! この本を読めば人生楽しめる!!」と心から勧めていた。

なお、瑛太はインスタグラムにも同様の文章の投稿をしており、それに対し木村も「みんな! 本当にすごい褒められたんだから! 読み終わって」と嬉しそうにコメントするのだった。


■「素敵な夫婦」と大絶賛

ふたりの仲睦まじい様子に多くのファンが反応。「お互い尊敬できる夫婦って素敵です」「愛が溢れ出とる。こぼれてる」とほっこりとした気持ちになった人が続出していた。

また、「瑛太さんが、奥様としてではなく、木村カエラとして見ていることがとても素晴らしい!」と瑛太が妻のことを「木村カエラ」と呼び、フラットに作品評価していることを称賛する人も。

作品への興味が湧くだけではなく、二人の関係性に心温まった人も多かったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→柴咲コウの新しい髪型にファン歓喜 「このイメージ!」「かわいい」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(1枚)