ローソンの「捨てられないレジ袋」がいよいよ配布開始 裏面には活字がビッシリ

「ナチュラルローソン」で24日から、小説が印字されたレジ袋の配布が開始された。これはいいものだ!

話題

2020/06/25 07:00


 

■「リユース」を推進

ローソンレジ袋

ナチュラルローソンの運営に携わる鷲頭裕子氏は、「7月から当店のレジ袋も有料化。捨てられるものをもう一回使っていこうという“リユース”を啓発できないかと、メルカリさんと話し合っていった結果生まれたアイテムです。今後の取り組みにぜひつなげていきたい」と説明。

一方、メルカリの宮川直実氏は「モノの価値に向き合うきっかけになれば」と思いを吐露していた。


関連記事:ローソンの新商品『グーボ』 見た目と味のギャップに驚き「マジか…」

 

■各店舗に100枚ずつ

配布は6月24日〜26日の3日間限定で、全国のナチュラルローソン138店舗にて(無料)。

日によって配布されるデザインは異なり、24日は伊坂氏の「いい人の手に渡れ!」、25日は吉本氏の「珊瑚のリング」、26日には筒井氏の「花魁櫛」。各店舗、毎日100枚限定で配布され、なくなり次第終了だ。

・合わせて読みたい→7月のレジ袋有料化でネットからは賛否の声 各社の対応を調べてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(5枚)