7歳女児が嘘にだまされ誘拐・強姦され殺害 22歳の容疑者を逮捕

行方不明になった娘の無事を祈り帰りを待っていた家族が、あまりにも悲しい事実を突きつけられた。

社会

2020/06/27 18:40

泣く少女
(Serghei Turcanu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「ここに食べ物があるよ」という男の言葉を信じ、喜んでついて行った無邪気な女の子。そのまま誘拐された女の子が発見されたのは、無残にも殺害されたあとのことだった。



 

 

■女児をだまし誘拐

530日のこと、インド・ムンバイで暮らしていた7歳の女の子が近所の友達と外で仲良く遊んでいた。その様子を見ていた22歳の男が女の子の注意を引き、「こっちに食べ物があるよ」「来てくれたら、美味しい物をあげるんだけどな」などとこっそり声をかけることに成功。

どんな食べ物があるんだろうと興味をそそられた女の子は、幼さもあり警戒心はなかったもよう。あまりにも簡単に男の嘘にだまされ、そのままついて行ってしまった。


関連記事:12歳少女が親戚7人から強姦被害に 姉の告発で逮捕者が出るも…

 

■捜索活動の開始

幼い女の子をそのまま連れ去り性的暴行を加えた男は、「このまま殺してしまおう」と決意。

いっぽう女の子の家族は「子供が家に帰ってこない」とひどく心配して通報し、それを受けた警察は「誘拐事件が発生した」と断定し、ただちに捜索活動を開始した。

次ページ
■殺害された女児

この記事の画像(1枚)