梅雨が「梅」なのはカビが関係? チコちゃんの解説に視聴者納得

『チコちゃんに叱られる』で梅雨が「梅の雨」と書かれる理由を解説。視聴者からは納得の声続出。

エンタメ

2020/06/27 07:45

チコちゃん

26日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「なんで梅雨は梅の雨って書くの?」が話題となっている。



 

■「カビがイヤだから~」

チコちゃんの回答は、「カビがイヤだから」という。湿度が高いとカビが生えるのは周知の事実だが、梅とカビにどのような関係があるのだろうか。

そもそも梅雨は6月から7月にかけて雨が多い時期を指す。天気予報でもよく目にする梅雨前線は、この時期の日本に雨をもたらす雨雲の一帯のことだが、これは日本特有のものでなく、アジアの一部でもおなじみのものである。


関連記事:遠くにあるものが小さく見える理由をチコちゃんが解説 視聴者からは納得の声

 

■元々は中国から

中国ではこの時期に降る雨を「カビをもたらす雨」ということで、「黴雨(ばいう)」と呼ばれていた。しかし、黴(カビ)は語感が悪いということで、同じく「ばい」と読む「梅」が使われるように。

中国でも日本でも梅という言葉には良いイメージがついており、そのまま定着してしたのではないかと考えられているようだ。

次ページ
■つゆと呼ばれるのはなぜ