何でもキムチにする美女がスイカをキムチ化 意外にもガチでウマい

なんでもキムチにする美女・おぐゆなちゃんが夏のフルーツのキムチ化に成功。どう見ても地雷と思われたが…。

グルメ

2020/06/28 17:00

おぐゆなちゃん

「なんでもキムチ研究家」に着々と近づいている美女・おぐゆなちゃんこと、小倉由菜ちゃん。今回は夏フルーツの代表格であるスイカのキムチに挑戦してもらった。


画像をもっと見る

 

■ほとばしるヤバさ

スイカとキムチ

もともと赤い色をしているスイカは、キムチに漬けてもそこまで色が変化した様子は見られない。少し色が濃くなった程度の変化である。

スイカキムチ

とはいえ味のほうは甘さが目立つ食材のため、キムチの辛さと壮絶な喧嘩を繰り広げてしまうのでは…。しかし、そんなしらべぇ編集部の心配をよそに、パクパクとスイカキムチを食べ始めるおぐゆなちゃん。

どうやらキュウリをキムチ化した「オイキムチ」によく似た匂いをしているそう。「スイカがキムチでコーティングされている」という恐ろしいコメントも飛び出したが、奇跡的に味のバランスを保っているようだ。

スイカとキュウリは同じ「ウリ科」に属するため、通じる部分があるのかもしれない。


関連記事:「マシュマロでつくるキムチ」に美女悶絶 暴力系スイーツの極みだった

 

■特上・スイカキムチの握り

過去のキムチ企画では「そんなに悪くないですね」などとコメントしつつ、明らかに水でキムチを流し込んでいたおぐゆなちゃんだが、スイカキムチの実食中は一切水を飲む気配がない。

どうやら水の力を借りる必要がないほど、ガチでおいしいキムチのようだ。ちなみに今回のスイカキムチは、2時間前後漬けたものを食べている。

おぐゆなちゃん

続いて、スイカを麦飯の上に乗せた「スイカキムチの握り」を食べてもらうと、「オイキムチだと思うとおいしいです!」「でもスイカだと分かると吐きそう…」という、身も蓋もないコメントが。脳の処理する情報と、味覚の伝達の間でエラーが発生してしまうようだ。

気遣い上手なおぐゆなちゃんは、「目隠しして食べたらおいしいと思いますよ!」と、何とも絶妙なフォローを入れてくれた。季節外れの闇鍋パーティーをする際は、スイカキムチの握りを持参すると喜ばれるかもしれない。


■おぐゆなちゃんのチェキをプレゼント

おぐゆなちゃん

今回、読者の中から抽選で2名に、おぐゆなちゃんの直筆サイン入りチェキをプレゼント。応募要件は…

しらべぇのツイッターアカウントをフォロー


②キャンペーンツイートをRT


③本記事を公式アプリ(完全無料)で読む


④キャンペーンツイート記載の「キャンペーンコード:0628oguyuna」をアプリに入力


の4つ。ぜひ奮って参加してほしい。

・合わせて読みたい→何でもキムチにする美女が『バナナキムチ』に挑戦 伸びしろ抜群の融合だった

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ 取材協力/小倉由菜

この記事の画像(5枚)