中居正広、手越会見受け世間の人々にお願い 「みんなちょっと待って」

『ワイドナショー』に中居正広が出演。手越祐也の緊急記者会見に言及し、ネットで話題に。

エンタメ

2020/06/28 12:00

中居正広

28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、アイドルグループ「NEWS」の元メンバー・手越祐也の緊急記者会見が大きく取り扱われた。ジャニーズJr.の先輩であった中居正広のコメントが、視聴者のあいだで話題になっている。



 

■記者会見の難しさとは

ネット上では「手越くんらしい会見だった」「あんなに喋れるんだ」といった肯定的な意見が見られた一方で、「自分の話しかしてない」「何が言いたいのか分からない」といった批判的な意見も多く見られたこの会見。

同番組においても、ご意見番・松本人志は「ツッコミどころ満載」と苦笑いを浮かべ、ファーストサマーウイカも「感覚が違う」とやや否定派が多い状況に。そんな中、中居だけはスタンスが違った。

まずは「記者会見」というイベントについて語り出し、「リハも稽古もない一発勝負。(何かあったら)取り返しがつかない」「ガイドラインがある訳じゃない」とその難しさを語る。

自身の退所会見では、記者との空気感をうまく作り、明るい雰囲気で行われたことで評価の声が多数上がっていたが、やはり「荷が重い」のだという。


関連記事:手越の会見中、ネット上で視聴者らが懇願 「イッテQだけは…」

 

■手越の感情を分析

さらに手越の場合は、”手越キャバクラ”などの報道により、そもそも批判の声が上がっていたことが、さらにハードルを上げることになったと指摘。

『週刊文春』による複数の報道を「不審火」と形容し、「普通は組織が火消しする(鎮火させる)けど、ちょっと漏れちゃうと、ネット民が火炎瓶を投げ込んで燃え上がっちゃう」と話す。

「みんな、片側(メディア側)の意見しか聞かないまま、火炎瓶を投げてしまう」ために手越には難しい状況であったとし、だからこそ「『自分で消さなきゃいけない』と気持ちがアップアップになって」しまったと分析。

普段メディア情報などを目にする人に向け「最初の第一稿、見出しが出たときに、世間、ネットさん、(火炎瓶を)投げるのはみんなちょっと待って」とメッセージを送った。

次ページ
■「両者の意見を聞くべき」