タモリが明かした“昼の顔になれた理由”に加藤浩次も感服 「それ言えるか~」

『人生最高レストラン』でおぎやはぎ・矢作兼がタモリとのエピソードを明かして…

エンタメ

2020/06/28 15:40

タモリ
(写真提供:JP News)

27日放送『人生最高レストラン』(TBS系)におぎやはぎ・矢作兼が登場。「蕎麦店でタモリとサシ飲みした」過去を振り返り、矢作だからこそ知る驚きのエピソードを披露した。



 

◼共通の蕎麦店

矢作が目黒区・碑文谷に住んでいた時期にタモリと共演した。そのさいにタモリが同地区に住んでいて、矢作が通っていた蕎麦店も実はタモリの行きつけの店だと判明する。

ある日、番組終わりのタモリから食事に誘われた矢作、その蕎麦店でタモリとサシ飲みすることに。緊張しながらも、タモリとの会話を楽しんだと振り返った。


関連記事:中居正広、父親とタモリの仲良しエピソードを披露 父の最期に視聴者号泣

 

◼タモリへの質問

矢作は「タモリさんってどちらかと言えばアングラ芸人」でコアな笑いを追求する、万人受けしないタイプの芸風だと考えていた。

だからこそ『笑っていいとも』の司会を長年務めるタモリに疑問を持っていたため、「なんでタモリさんみたいなタイプの芸人がお昼の顔になれたの?」と質問する。するとタモリは「マネージャーのおかげ」と断言したという。

自身の努力や才能ではなく、良いことは他人のおかげと断じたタモリ。話を聞いていた加藤浩次は「ちょっと待ってよ。それ言えるか~」と感嘆の声をあげる。

次ページ
◼視聴者も称賛