新型コロナ無症状者が出産祝いに… 抱っこされた赤ちゃんが感染死

若いから自分は新型コロナに感染しても大丈夫、という考え方はよくない。周囲に大勢いる健康弱者のためにも、「絶対にかからない、うつさない、距離を保つ」という心がけが誰にも求められている。

社会

2020/06/29 10:00

泣く赤ちゃん
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の怖さは、呼吸器の病状が著しい者がいる一方で、無症状あるいは軽症で済んでいる者が知らぬ間に感染を広げてしまうこと。

長く続いた辛いロックダウン(都市封鎖)や外出自粛が解除となり、人々の気がふと緩んでしまっている今、こんな悲劇が世界のあちこちで再び起きているのだ。



 

■両親は陰性なのに…

インドネシア・東ジャワ州パメカサンのトラナカン地区で、誕生して間もない男の赤ちゃんが自宅で発熱、咳、呼吸困難などの症状を呈し、今月9日に地域の総合病院に入院した。

新型コロナウイルスに関する検査では、両親が陰性にもかかわらず赤ちゃんの感染が判明。そして闘病2週目に入った今月21日、赤ちゃんは生後わずか40日で死亡した。


関連記事:新型コロナで31歳妊婦が死亡 赤ちゃんだけは助かるも悲しい結果に

 

■無症状者1名から陽性反応

感染源として疑われたのは、両親と親しくしている大人たちだった。今月上旬に赤ちゃんと母親が退院すると、近隣住民、知人、友人ら大勢が出産祝いを持って自宅を訪れていたためだ。

地元の保健当局がそうした訪問者を濃厚接触者として検査したところ、1名について新型コロナウイルスの無症状感染者であることが判明。赤ちゃんを抱き、あやしていたことがわかっている。

次ページ
■外出自粛解除で気も緩み…

この記事の画像(1枚)