さまぁ~ず、博物館で変わったミイラを発見し爆笑 「完全に人って思ってた」

『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)に登場した不思議なミイラが話題となっている…。

エンタメ

2020/06/29 08:40

さまぁ〜ず

28日に放送された『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)では、さまぁ~ずとテレビ東京・田中瞳アナウンサーが、一見堅そうな博物館や資料館を訪れ、その中に眠るモヤモヤをイジるというロケを決行した。

すると、そのロケ中に訪れた博物館でさまぁ~ずが不思議なミイラを発見。その正体に多くの視聴者が爆笑した。



 

■ツタンカーメンのミイラに三村が…

さまぁ~ず一行が訪れたのは、池袋サンシャインシティ内にあるマイナー施設・古代オリエント博物館。この博物館は、日本初の古代オリエント地域専門の博物館として1978年に開館したという。

古代オリエントとは、紀元前に発展した古代ローマから見て東側のエジプト・西アジア地域のこと。

館内には、古代エジプト第18王朝の少年王で、発見時には黄金のマスクを被っていたツタンカーメンのミイラが展示されており、さまぁ~ず・三村マサカズが「少年で亡くなったんでしたっけ?」と質問。

案内人が「19歳前後で亡くなったと言われている」と説明すると、三村は「『世界ふしぎ発見』でやってた」とコメントし笑いを誘った。


関連記事:再開した博物館のだいぶホラーな警告文が話題 「客が展示物にされる…」

 

■その正体はあの魚

なお、ツタンカーメンのミイラはレプリカであるが、館内には本物のミイラが展示されているという。案内人は、それを聞いて驚くさまぁ~ずの後ろを指し「これがナマズのミイラになります」と紹介した。

すると、想像していたミイラと違ったようで、さまぁ~ず一行は大爆笑。三村は「完全に人って思ってた」と大笑いした。

このミイラは元々寄贈してもらったもので、最初は何のミイラか分からなかったが、サンシャイン水族館の協力でナマズだということが判明したのだという。


■変わったミイラに爆笑

突然紹介されたナマズのミイラに多くの視聴者は「「ミイラあります」からのナマズのミイラ笑う」「ナマズのミイラ声だして笑った」と、さまぁ~ず同様に爆笑した。

一方で、「逆にどこでも見ることができない貴重なやつなんじゃ」「ナマズにミイラとかあるのが驚き」と、ナマズのミイラの存在に驚く声が続々と上がっている。

今回のロケで、古代オリエント博物館に「行きたい!」と思った人も多いはず…。この博物館は現在開館しているため、新型コロナウイルス感染症予防対策をしっかりと行ってから是非訪れてみてほしい。

・合わせて読みたい→あつ森、注目の新イベントにファン熱狂 「リアルで博物館行きたくなった」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子