サンド伊達、聴覚障がいを持つ方へ 「口元が見えるマスク」紹介し反響

サンドウィッチマン・伊達みきおが、聴覚障がいを持つ知人が作ったという「口元が見えるマスク」を紹介。市販されていないものの、こうした商品の必要性を訴えた

エンタメ

2020/06/30 08:20


 

■「考案した人すごい」多くの反響

普段の芸能活動においても、聴覚障がいを持つ人々に寄り添ってきた伊達。動画のコメント欄には「聴覚障がいの方々のことも考えてDVDを作っているとは……一番人気の漫才師という理由がわかります」など、2人の取り組みを称賛する声が目立つ。

また、「ありそうでなかった商品ですね。考案された方すごい」「窓付きマスク良いね」と、市販されてはいないものの、そのアイデアには驚きの声があがっている。


関連記事:自粛警察の次は『マスク警察』か 「本当に呆れる」「着用するのが常識」の声も

 

■今後は様々な種類のマスクが必要?

深刻なマスク不足を解消するため、様々な企業がマスクの生産を開始。昨今では、「夏用マスク」商戦も繰り広げられている。

今後続くと見られる新型コロナと共存する社会においては、動画内で紹介されているような「普通のマスクでは生活に支障が出てしまう人々」に寄り添った製品も、求められるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→サンド伊達、相方・富澤のバースデー祝う言葉に感動 「素晴らしいコンビ」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい