金沢の人気カフェに聞いた「コロナ禍を乗り切った3つのポイント」が納得しかない

金沢の人気カフェがコロナ禍を乗り切った方法とは

地域

2020/06/30 11:30


 

■非接触型の決済を利用

2つめは、非接触型の決済を利用していること。個人の飲食店だとクレジットカードや電子マネー、スマホ決済などの非接触型決済が使えず、現金のみ使用可能ということも多い。

しかし、お金からウイルスに感染するといった話もあり、スーパーなどもお会計はトレイでやり取りする店ばかりになったことから、非接触型の決済の需要が増えた。

アピラでもQRコード決済のメルペイを利用することができ、30日まで開催中の10%還元キャンペーンなどを上手く利用することで、限定した人数ではあるが非接触型決済を利用したいユーザーのニーズをかなえることができたようだ。


関連記事:コロナでも売り上げ好調のマクドナルド 理由を探ったら納得の回答が…

 

■地元の人に愛される店づくり

3つめは、地元の人に愛される店づくりをしてきたこと。現在も観光客をメインとした土日の客は激減していると話されていたが、そんな状況でも平日に足を運んでくれる地域の常連たちから評価を得ることで、それをカバーしているという。

また、客席の間隔を広くするなどの工夫をするなど、リラックスできる空間を作ることも地元客に安心して利用してもらうための心遣いも忘れないところが、客足の絶えない店づくりの重要な要素になっていると思われる。


■一般的な飲食店はぜひ利用したい

ただ、コロナ禍を乗り切ったと言ってもやはり飲食店の売り上げがもとに戻るためには、完全に新型コロナウイルスの感染者が増えるのが収まらない限り難しいだろう。

東京では夜の街のクラスター感染が連日のように報じられているが、一般的な飲食店からの感染例は聞いたことがない。店に入らずともテイクアウトを実施している店も多いので、ぜひ利用してあげたいところである。

・合わせて読みたい→「流石にテイクアウト始めました」 コロナで苦境のバルが「さすがに」を加えた訳とは

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(1枚)