本当にあったクソリプがゲームになったと話題 メーカーは「体験すれば理解深まる」

実際に投稿されたクソリプを厳選しカードゲーム化。その狙いとは…

話題

2020/06/30 22:25

クソリプかるた
(写真提供:株式会社人間)

「クソリプ」とは、SNSにおいて、見知らぬ人から不快であったり、的外れな内容の返信がくること。また、その返信そのものを指す言葉である。そのクソリプが、かるたになったと今話題だ。しらべぇ取材班は、発売元のメーカーにその内容について、詳しく聞いた。


画像をもっと見る

 

■実際のクソリプをカードゲーム化

今回発売された商品は、実際のクソリプをもとに作られた「かるた形式のカードゲーム」。読みあげられた「投稿文」に対し、実際に届いた正しい「クソリプ」を取り札の中から予測して選ぶ、というのが基本的な遊び方になる。

クソリプかるた
(写真提供:株式会社人間)

いかにクソリプする側の心理に近づけるかが勝負の鍵となる。


関連記事:新千歳空港でJALとANAスタッフが団結 「乗客へのメッセージ」に感動広がる

 

■独特のゲーム特性をあわせ持つ

基本的な遊び方は、①代表者が投稿文を読み上げる②プレイヤーが、投稿文に対するクソリプを予想して選んで取る③正解者を発表する④5枚先取した人が勝ちといったルールになる。

「回答が発表されるまで正解がわからない」という特性上、「全員が取り札を取るまで待つ」、「正解が出るまで取り続ける」という点が一般的なかるたと少し異なる。

クソリプかるた
(写真提供:株式会社人間)

また、臨場感高くクソリプを体感できるよう、「クソリプを読み上げながら取る」といった独自のルールがある点も、このゲームのきわだつ特徴だ。なお、読み手のカードには、クソリプ解説もついている。

次ページ
■クソリプを12パターンに分類

この記事の画像(5枚)