レジ袋有料を告げると客から耳を疑う“ひと言”が…  『グッディ』の特集に反響

レジ袋有料化で、客と店員のトラブルを懸念する声。『グッディ』の企画にSNS上で反響が相次いだ。

エンタメ

2020/07/01 05:30


 

■クレームや暴言を言われた人は…

接客業で働く人にとって、些細なことや理不尽な状況でクレームを言われてしまうことは日常茶飯事なのだろうか。しらべぇ編集部が全国10〜60代の接客業経験のある男女826名に調査したところ、52.4%が「接客中に客から理不尽なクレームや暴言を言われたことがある」と回答している。

男女別・年代別で比較すると、10〜30代の女性では6割を超える結果に。

クレーム グラフ


関連記事:ミニストップのレジ袋をひと言で“実質無料”にする方法が超簡単だった

 

■有料化反対派からのクレームが心配

別の調査では、47.1%が「レジ袋有料化に反対」であることも判明しているが、レジ袋問題で鬱憤が溜まっている客から、理不尽に近いクレームを言われてしまうケースも今後増えてくるのかもしれない。

新型コロナウイルスの感染拡大によってマスク不足になった際、ドラッグストアやスーパーの店員が客から怒りをぶつけられてしまったという声があったが、レジ袋有料化についても店員たちが被害に遭わないことを望みたい。

・合わせて読みたい→100円ショップもレジ袋有料化 1枚いくらになるのか調べた結果…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の接客業経験のある男女826名(有効回答数)