レジ袋有料化、マイバッグの袋詰めに不安の声 「私のせいで行列になったら…」

7月1日から始まったレジ袋有料化。サッカー台が無い店舗での「マイバッグへの袋詰め」に不安の声も…。

話題

2020/07/01 08:00

スーパーのレジ
(Koji_Ishii/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

きょう7月1日から、スーパーなど全国の小売店でレジ袋有料化が始まる。施行に先駆け、すでにマイバッグを用意したり、普段の買い物でもレジ袋をもらわなかったりと工夫している利用客は少なくないだろう。



 

■サッカー台が無い店舗も存在

すでにレジ袋に対する意識や行動が変わっている人が増えている一方、レジ袋有料化に伴って「マイバッグの袋詰め」を心配する声もあがっている。

店舗によっては袋詰めをするサッカー台がないため、レジ前で客自身が行なうケースもあるだろう。レジのスペースが広かったり店員が袋詰めする場合は問題ないが、狭いスペースで自身で袋詰めする場合、レジ前に行列ができていた場合に心苦しくなるという人がいるようだ。


関連記事:コンビニレジ袋の価格、実質2倍になるケースに「これは見逃して…」と悲鳴

 

■あえてレジ袋をもらう人も

簡易のサッカー台を設けているスーパーやコンビニもあるが、設置すら難しいほど小さい店舗が存在するのも事実。SNS上では「私のせいで行列になったら嫌だ」「後ろに並んでいる人に申し訳ない気になる」「もたもたしてたら怒られそうで怖い…」と不安を吐露する人もみられる。

しらべぇ編集部が、専業主婦をしている20代女性に話を聞いたところ、「近所の小さなスーパーにはサッカー台が設置される雰囲気がないので、ちょっと行きづらいです」と漏らす。なるべく少量の買い物にするようにして袋詰めにかからないように工夫していたが、それでも列に並ぶ他の客を見てしまうと焦ってしまうようだ。

「最近では、もしも他の客が並んでいたら、マイバッグを持っていても、あえて『レジ袋をお願いします』と店員さんに任せるようにすることがあります」と話した。


■マイバッグを使うときには…

一部の人からは不安の声もあがるサッカー台問題だが、マイバッグの中には買い物かごにかぶせるようにして使える「かご対応バッグ」などもあるため、工夫次第でこういった不安も取り除くことができるだろう。

なお、マイバッグは清潔を保った状態であることが大切。食中毒から身を守るため、定期的に洗うだけでなく、肉、魚、野菜などはポリ袋に入れるといった対策も重要になる。

・合わせて読みたい→カルディに行くときは… 絶対にマイバッグが必要な理由に納得

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)