萌えるゴミ袋爆誕と話題 市は「有料化することでゴミを減量化したい」

秋田県男鹿市の新ごみ袋が話題に。高価なごみ袋の訳とは…

グッズ

2020/07/01 11:30

男鹿市役所外観
(写真提供:男鹿市)

7月1日から、全国で「プラスチック製・レジ袋有料化」が実施される。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えてもらい、ライフスタイルを見直すきっかけとなることを目的としている。

そんな中、東北地方の新ごみ袋がSNS上で話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、担当課から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■萌えるごみ袋爆誕と話題

今、話題を呼んでいるのが、秋田県男鹿市の指定ごみ袋。かわいすぎる、男鹿市名物「なまはげ」のイラスト入り。SNS上では、「ごみとして捨てるのがもったいない」や「萌える(もえる)ごみ袋爆誕」と大喜利状態にもなっている。

ごみ袋画像
(画像提供:男鹿市)

関連記事:100円ショップもレジ袋有料化 1枚いくらになるのか調べた結果…

 

■直接市が製造・管理

このごみ袋は、市が製造・管理し、1日から使用開始となった。以前のものは使えなくなり、仮にそのごみ袋で出された場合には、市は回収を行わないそうだ。

全国では、完全透明なごみ袋を導入している街も多いが、この新ごみ袋も広げると、半透明状になるという。

次ページ
■なんとかごみを減らしたい思いが

この記事の画像(3枚)