劇団ひとり、悩みを忘れる方法が画期的すぎる 「深い」「病院に行って…」

劇団ひとりの悩まないで済む方法が画期的。これを実行できる人はどれくらいいるのだろうか。

エンタメ

2020/07/01 17:40

劇団ひとり
(写真提供:JP News)

お笑い芸人の劇団ひとりが1日に自身のツイッターを更新。悩みを忘れる究極の方法をツイートした。



 

■痛みで悩みがどうでもよくなる

「左肩が痛い。何もしてなくても痛い。痛くて夜も寝られない」と報告した劇団ひとり。続けて、「こうなってくると将来の不安、仕事の不満、人間関係などどうでもいいと思えてくる。だって肩が痛いんだから。悩みがある人はぜひ肩を痛めてほしい」とユーモアたっぷりに、問題に悩まないで済む方法を説明した。

ファンを笑わせるためのツイートだと思いきや痛いのは本当のようで、しっかりと病院のMRI検査も予約したようだ。


関連記事:劇団ひとり「児嶋さん早く謝罪して!」発言も… 翌日恥ずかしい展開に

 

■以前も左腕が痛いと報告

この投稿に対して、ファンからは「単なる四十肩なら心配ないんですけどね」「お大事にしてください」「病院に行ってください」といった心配の声が多くみられた。

その他には「深い」「これを真面目に心配するってところまでが一つの流れ」などネタツイートの一つだと捉えているような声もあるが、劇団ひとりは17日にも「左腕にしびれと鈍痛がある」とツイートしていた。


■8割弱が悩みを抱えて生活

劇団ひとりは、ユーモアを混ぜつつ人間の悩みについて触れたが、実際に悩みごとがある人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、「一生悩みが尽きないと思う」と答えた人は全体の75.1%。悩みながらも日々の生活を送っているという人が多い。

一生、悩みは尽きないと思うグラフ

悩みながらも日々の生活を送っているという人が多い。劇団ひとりは左肩の痛みで悩みを乗り越えたようだが、この方法を真似できる人は少ないだろう。くれぐれも大事に至らないと良いのだが…。

・合わせて読みたい→ダイソーの保冷機能付きエコバッグが超優秀 買い物後の悩みまで解決した

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)