オードリー若林正恭、相方の春日俊彰にマジギレ 「そりゃ怒るよ…」

『あちこちオードリー』でオードリー・若林正恭とハライチ・岩井勇気が相方への不満を爆発させて…

エンタメ

2020/07/01 17:00

若林正恭

30日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にハライチ・岩井勇気と澤部佑がゲスト出演。

岩井が「ネタを作る芸人」と「作らない芸人」の差を力説する流れで、オードリー・若林正恭がヒートアップ。相方の春日俊彰への不満が爆発した。



 

◼ネタを作る側の主張

かねてから「ネタを作らないのに世間から評価されている相方や芸人」への不満を吐露してきた岩井。若手時代、バイトとネタ作りに励んでいた岩井は、バイトもせずネタを受け取るだけの澤部に不満を持っていたと明かす。

バイトとネタ作りに時間を費やした自分に対して感謝し、ネタ作りに専念できるよう「己がバイトしてバイト代を寄こすぐらいしろ」と熱弁。

岩井は自身が時間を投資して「芸人になるというギャンブルをしていた」と主張するが、対して澤部は「何も投資せず、ネタだけもらってギャンブルに参加していた」と批判し続けた。


関連記事:オードリー若林、結婚後に性格が変わった相方・春日に「モヤモヤする」

 

◼若林が共感

この話題に、オードリーのネタ作り担当の若林も強く共感。若手時代から節約家だった春日がネタ合わせするファミレスで「節約したい」と何も頼まなかったため、極貧で生活が苦しい状況だった若林が「何か頼まなきゃいけないから俺がドリンクバーを頼んでいた」とし、次第にヒートアップしていく。

その後も、澤部や春日らの感謝が足りないと岩井・若林は主張。岩井は「俺の本当にやりたいネタに、ギャラを半分あげて、来てもらってる人」と割り切って澤部とコンビを組んでいるとまで力説した。

次ページ
◼春日たちは「ネタ受け取り師」