清水あいり、振り幅がスゴいギャップ写真にファン悶絶 「どっちも好き」

清水あいりのストーリー性が気になるギャップ写真に、ファンから悶絶する声が相次いでいる。

グラビアアイドルの清水あいりが2日、自身のツイッターを更新。「脱いだときのギャップ選手権」のハッシュタグを付けた写真に、「どっちも好き」「ギャップの嵐」と悶絶する声が相次いでいる。



 

 

■いつでも上品な彼女が「関係あらへん」

ツイッター上で盛り上がりを見せているハッシュタグ「脱いだときのギャップ選手権」。同選手権は、2枚の写真を同時にアップして、いかにギャップがあるかを多くのユーザーたちが競うというものだ。

清水は、白のニットにブルーのミニスカート姿でパチンコを打つ写真と、飲食店の厨房と思しき場所で撮影された、黒の変形水着姿で何やら頭を抱える写真をアップ。ツイートには「1枚目:いつでもお上品に」「2枚目:関係あらへん」とのコメントを付けている。


関連記事:中村倫也、コロナ禍ならではの方法で宇宙人に変身 「連れさられたい…」

 

■ファンから悶絶する声が殺到

パチンコに興じるときでも上品な心を忘れない女性が「関係あらへん」と、どこか投げやりになって際どい水着姿に。しかも厨房の中というシチュエーション。

一体彼女に何があったかが気になってしまう2枚の写真構成だが、ファンからはそのギャップに悶絶する声が殺到。「どっちも好き」「ギャップの嵐」「同じ人とは思えない!」などのコメントが書き込まれている。また、コメントの中には「左のほうがグッと来るのは自分だけじゃないはず」という共感を求めるものも見られた。


■異性のギャップある姿に萌える?

ちなみに、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1653名を対象に実施した調査では、全体のおよそ4割の人が「異性のギャップのある姿に萌えがち」と回答している。

調査異性のギャップ

異性のギャップのある姿に萌えるという人にとっては、清水が今回アップした、いろいろと複雑なストーリーも妄想してしまうほど振り幅が見事な写真はたまらなかったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→中村倫也、コロナ禍ならではの方法で宇宙人に変身 「連れさられたい…」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)