『スッキリ』加藤浩次、視聴者のクレームで謝罪 天才的な切り返しに「さすが!」

『スッキリ』で加藤浩次のズボンのチャックが開いていると苦情が視聴者から届く。加藤の反応は…

エンタメ

2020/07/03 13:00

極楽とんぼ・加藤浩次

タレントの加藤浩次が、3日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。視聴者からのクレームに謝罪する一幕があった。



 

■スーツのチャックが全開

放送開始から1時間ほど経った頃に「ちょっと視聴者から苦情が入りまして…」と切り出した加藤は、静岡県在住の50代主婦から届いたクレームを紹介し、「僕のチャックが開いているという…」と告白。

同局の水卜麻美アナウンサーたち出演者が「えっ!?」と驚き、スタッフからも爆笑の声があがった。加藤は「VTR中にスタッフから言われて今、チャックを上げました」と説明し、指摘した50代主婦に対して「お見苦しいものをお見せして、申し訳ございませんでした」と謝罪する。

続けて「一応、換気のつもりで開けてた…」とジョークを放つと、スタジオは再度爆笑。ハリセンボンの近藤春菜から「『社会の窓』の換気はいいんですよ!」とツッコまれていた。


関連記事:『スッキリ』近藤春菜が“体調不良”で番組を欠席 その理由に「大丈夫なの…?」

 

■不安な思いをした視聴者に謝罪

番組終盤では、加藤の謝罪後に届いた50代主婦から届いた「加藤浩次に伝わってホッと一安心しました ありがとうございました」という返事が紹介された。

加藤は頭を下げ、「番組が始まって1時間以上の間、チャックを開けて番組の生放送をやってしまって、本当に視聴者の方に不安な思いをさせてしまったと思います。『いつ加藤がポロリをするんだ』そんな不安な思いをされた視聴者の方も多いと思います。それでもポロリはしなかったんで私も一安心しているといいますか、その部分は情状酌量していただきたい」と再度謝罪。

そして、「また来週から、しっかりチャックを締めて『スッキリ』をやりたいと思います」と笑いを誘った。

次ページ
■「切り返しが天才」と爆笑の声