都内ではたった8店舗…「マックカフェ」のメロンフラッペが想像絶するウマさ

北海道メロンを使った濃厚フラッペが登場! 早速食べてみたら感動した…

グルメ

2020/07/04 09:20

マクドナルド

6月末、マクドナルドから「北海道メロン&ミルクフラッペ」(470円)「北海道メロン&チョコフラッペ」(490円)が発売された。

北海道産の濃厚赤肉メロンと牛乳の味わい豊かなフラッペ…と聞いて早速近所のマックに向かおうとしたところ、なんと、よく見るとこのフラッペは「McCafé by Barista」店舗限定の商品だというのだ! 早速行ってみた。


画像をもっと見る

 

■McCafé by Baristaって何?

「マックカフェ バイ バリスタ」は、公式サイト曰く「本格的で高品質のドリンクとフードを気軽にお楽しみいただけるカフェ」、要はマックの高級路線のカフェ店舗だ。

ドリンクはカフェラテやエスプレッソ、フードはマカロンやシフォンケーキがラインナップされている。 一杯一杯、専任バリスタが注文を受けてから手作りしてくれるらしい。これはスゴイ。

安い、早い、美味しいのマクドナルドがそんな事業をやっていたとは全く知らなかった。

というのも、「マックカフェ バイ バリスタ」は全国で113店舗、広い東京にも8店舗しかないのだ!! しかも郊外店が多く、通勤や遊びのついでに電車で行ける店となると六本木ヒルズ店と恵比寿駅前店ぐらい。都心の駅に多く展開しているマクドナルドだが、マックカフェだけはその方針に。

マクドナルド

というわけで恵比寿の東口から目の前にある同店にやってきた。おお、なんだか店構えも違う。

こちらはマクドナルドとの併設店舗で、1Fではマクドナルド、2Fで「マックカフェ バイ バリスタ」の注文ができる。

1Fのレジを見ながら「メロンフラッペがないなぁ…」と思っていたら2Fに案内された。罠かよ…。

説明の通り、カウンターには美味しそうなケーキやマカロンが! なるほど、マクドナルドの看板を見ずに来たら普通のカフェだ。これは全部食べたい……と思いつつ、目的であった「北海道メロン&ミルクフラッペ」「北海道メロン&チョコフラッペ」を注文。


関連記事:ファミマ、たべる牧場シリーズに新味 溶け具合でウマさに変化

 

■怒涛のメロン!メロン!メロン味!!

マクドナルド

Mサイズを注文したところ、マックシェイクでいうとSサイズとMサイズの中間ぐらいのサイズが登場した。う〜む、470円でこのサイズは、普段のマクドナルドを知っているといささか躊躇いが… と、思ったが!! これがウマイのだ!

口に入れた途端訪れる、怒涛のメロン味! いわゆる”かき氷のメロン味”的なものでなく、本物のメロンに近い甘くて爽やかな味が作られている。

とろりとした果肉を想起させる柔らかできめ細かいフラッペ、さらにメロンに飽きたらフワッとしたクリームを混ぜてミルキーな味変を。そこにチョコレートのサクサクがやってくると…もうたまらない。

記者的にはスタバ系のザクザクすぎるフラッペがあまり好きではないので、このトロフワ感は嬉しい。

ミルクの方はメロンシロップがかかっていて、よりストイックにメロンとミルクを食べたいんだ!という気分のときにオススメだ。クリームがわりと軽くてさっぱりしているタイプで、メロンの甘みを邪魔しないところも評価が高い。

次ページ
■生クリーム、先に混ぜるか?後から飲むか?

この記事の画像(9枚)