「肩車してあげる」は魔法の言葉 男に誘拐されかけた2歳女児がギリギリで保護

男は警察に、「こんな可愛い子から目を離してしまう親のほうが悪い」などと話したという。

2020/07/04 16:20

肩車
(Hakase_/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人混みに幼い子供を連れて行くときは、決して子供から目と手を離してはならない。迷子も怖いが、誘拐のチャンスを狙っている悪い人間がいないとは限らないからだ。



 

■母親が目を離した隙に…

ドイツ・ベルリンの中心部にあるボックスハーゲナー・プラッツ。賑やかな蚤の市で観光客にも有名なこの公園で、母親と共に訪れていた2歳の女児が男に連れ去られた。

のことに気を取られた母親が我が子から目を離し、その直後に起きた一瞬の出来事だった。しかし、ある女性の鋭い観察力と機転のおかげで女児は保護され、母親の元に無事戻された。


関連記事:「私は生ける屍」 26年間にわたり母親に軟禁された女性が窮状を告白

 

■人混みでターゲットを物色か

女児を救ったのは、自分も2歳の娘を連れていた27歳の女性だった。同じくらいの年齢の親子がいることに気付き、何気なく眺めていて異変を察したという。

母親が女児の手を離したところ、背の高い眼鏡をかけた男が女児に近づき、何やら話しかけるとその体を抱き上げて肩車した。母親がまったく気づいていない中で足早に去った男を不審に思い、女性はスマートフォンで男と女児の写真を撮影。「誘拐」の文字が頭をよぎったという。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■「あなたの娘か」と問われ沈黙
屋台公園人混み幼児親子連れフリーマーケット誘拐機転誘拐未遂肩車
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング