松本人志、自らの過ちをファンに謝罪 「残念」「不祥事が続くな…」

ダウンタウンの松本人志が、ツイッターでスマホアプリゲームで課金したことを謝罪した。

エンタメ

2020/07/04 06:15

松本人志

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が3日、自身のツイッターを更新。スマートフォンのゲームで課金してしまったことをファンに謝罪した。



 

■謝罪会見するべき?

この日、「わたくし松本人志は」と切り出し、スマートフォンアプリのゲームで課金してしまったことを謝罪した松本。以前にもツイッターでファンに「課金はいくらまでが妥当ですか?」と問いかけていたが、ついに手を出してしまったよう。

この件について、松本は「かこみ謝罪会見をするべきでしょうか?」とコメントしており、かなり重く受け止めている様子。


関連記事:「微課金857万円」がトレンド入り まさかの勘違いに驚愕の声相次ぐ

 

■ファンもノリノリで謝罪会見求める

ユーモアのある課金報告だが、松本の謝罪会見の提案にはファンもノリノリ。「しっかり説明責任果たしましょう(笑)」「残念でなりません…」「芸人の不祥事が続くな」とのコメントが相次いで寄せられた。

一方、課金賛成派の人からは「思う存分課金しましょう!」「課金は強くなる手段です」「課金は正義」と擁護する声もあがっている。


■課金経験者は1割超え

スマートフォンのゲームも様々な種類があるが、課金をすればするほど強力なアイテムが手に入ったりするシステムであれば、ついお金をかけてしまいたくなる人も少なくないのでは。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名を対象に「課金」について調査を実施したところ、全体の11.3%が「スマホゲームで課金した経験がある」と回答した。

スマホゲームで課金

果たしてどれほどの額をゲームに課金したのだろうか…。気になるところだ。

・合わせて読みたい→おっさんの英語力が鬼のように上がったスマホゲーム『英語物語』が最高すぎる

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年5月19日(月)~5月20日(火)
対象:全国20代~60代の男女1400名(有効回答数)