イオン、398円で売られている海鮮丼 ネタの内容がスゴかった…

イオンのスーパーで販売されている「七種海鮮の魚河岸丼」。わずか398円という価格ながら、いくらや厚切りサーモンなど、コスパがスゴすぎる…

グルメ

2020/07/04 08:40

スーパーのお惣菜やお弁当は、今や「ご馳走」と呼んで差し支えのないほど豪華なものも存在。それでいて、外食するよりもグッと値段が抑えられるため、日々の生活の中でとても心強い存在だ。

そうした中、イオンのスーパーで販売されている海鮮丼がコストパフォーマンスに優れているとして、SNSを中心に話題となっている。


画像をもっと見る

 

■七種海鮮の魚河岸丼

イオン「7種海鮮の魚河岸丼」

その話題の商品とは、「七種海鮮の魚河岸丼」。商品名のとおり7種類の海鮮系の具材が乗っているのだが、その値段はなんと398円(税別)ほど。

ワンコインよりもさらにお手軽な価格を目にしただけでも、思わず商品に手を伸ばしてしまいそうだ。


関連記事:新型コロナ禍で弁当ばかり食べてた記者が選ぶ 「値段設定がおかしい弁当」ベスト6

 

■ネタの中には「いくら」も…

イオン「7種海鮮の魚河岸丼」

フタを開けてみると、商品名に偽りなく「えび2種類、いか、ねぎとろ、サーモン、まぐろ、いくら」と7種類のネタが美しく盛り付けられており、わさびが入っていた部分に若干空白ができているが、「398円(税別)」という価格を踏まえれば何てことはない。

さらに、ちょこんと添えられている錦糸卵は「7種」にカウントされておらず、申し訳程度ではあるものの、この価格帯で「いくら」が添えられているところもグッとくる。

次ページ
■恐らく主役は「サーモン」

この記事の画像(4枚)