指原莉乃、都知事選の投票先選びで伝えておきたいこと 「自分で見極めましょう」

指原莉乃がツイッターを更新。東京都知事選挙の投票先選びについて、ファンにアドバイスを送った。

エンタメ

2020/07/04 15:00


 

■選挙に行く世代は…

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名を対象に「選挙」について調査を実施したところ、およそ4割弱の人が「毎回欠かさず行っている」と回答。年代が低くなるほど、その割合が減る結果となった。

選挙には欠かさす行っている性年代別グラフ


関連記事:都知事選立候補者、コロナ警戒が緩んだマスコミの行動にブチ切れ 「守れよ!」

 

■コロナ禍で関心高まる?

候補者の氏名が頻繁にツイッターのトレンドに上がるなど、盛り上がりを見せている選挙戦。今回は新型コロナウイルスへの政策が一つの大きな争点となっているため、世間の関心は高いのではないだろうか。

とはいえ、まだまだ投票数が少ないのが若年層だ。2016年(前回)時の都知事選では、20代以下の投票率が、60代以上の投票率の半分近くにしか満たない状況だった。

そうした中、指原のような人気タレントが政治への参加を呼びかけることで、若い世代の投票意欲に大きな影響があることは間違いないだろう。

・合わせて読みたい→「百合子か、俺か」 金髪姿の異質な経歴を持つアウトローが都知事選に出馬

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)