研修中の女医が子供の目の前で夫を殺害 「独特の目つきが怖かった」

夫婦仲に問題を抱えている妻が、自分を見る夫の目つきや表情の「変化」について訴えることがある。

社会

2020/07/05 08:40

夫婦
(KatarzynaBialasiewicz/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々、臨床の現場で命の尊さや死がもたらす深い悲しみに触れてきたはずの研修医の女が、夫を殺害した。幼い子供たちを育てながら医師の道を突き進む妻と、それをサポートしてきた夫。ふたりの間に何が起きたのか。



 

■女の研修医が夫を殺害

米国・ネブラスカ州東部のオマハで、キャサリン・ジョーダンという31歳の女が夫のジョシュアさん(35)を殺害したとして逮捕され、第二級殺人罪で正式に起訴された。

ジョーダン被告は、カリブ海の島グレナダにある名門セントジョージズ大学(St. George’s University)を2018年に卒業し、ネブラスカ大学医療センターの臨床医学レジデンシー・プログラムに身を置く研修医だった。


関連記事:発砲ウレタンスプレーを口に吹き込み我が子を惨殺 ナルシストの父親に終身刑

 

■車内で口論が激化

事件は6月17日午後3時過ぎ、ネブラスカ州西部のスコッツブラフから自宅に戻る途中の州間高速道路80号線上で発生。夫妻は車内で口論を激化させ、ジョシュアさんはいったん路肩に停車させると友人に電話をかけて、仲裁をしてほしいと助けを求めた。

しかし被告は拳銃を手に取り、後部座席から子供たちが見ている中、夫の胸に向けて2度引き金を引いている。

次ページ
■「独特の目つき」への恐怖

この記事の画像(1枚)