13歳少女が間もなく出産 10歳彼氏は「僕がパパになり君たちを守る」

優しすぎる10歳少年の今後を心配する声は多いが、彼は「利用された」などとは思っていないという。

2020/07/05 17:20


 

 

■「出産も育児も不安だらけ」

その後、ひどかったつわりを乗り越え、お腹がどんどん大きくなったダリヤさん。ところが間もなく出産の時を迎えることについて、メディアの取材に「貧血、胸やけ、便秘と妊娠線に苦しんでいます。育児も不安ばかりだし、出産も痛いのは恐い。帝王切開がいいです」などと吐露した。

ダリヤさんのインスタグラムでは、11万3,000人を超えるフォロワーから応援のコメントが続々と寄せられ、心理カウンセラーによるサポートも続いているものの、13歳というまだ幼い彼女が、出産や育児へより前向きな姿勢や豊かな母性を持つことは、難しいのかもしれない。


関連記事:子守をした13歳少年との子を出産した美女 別の交際相手と結婚後に実刑判決

 

■「僕がふたりを必ず守る」

一方、生物学上の父親にはなれないことを理解した上で、イワンくんは「僕がパパになり、ダリヤと赤ちゃんを守っていく」と改めて宣言。ダリヤさんの大きなお腹にキスして優しく手を添えるなど、完全に愛と父性に目覚めている様子だ。

思春期に入り、妊娠を経てすっかり体が丸みを帯びていたダリヤさんと比較し、背丈がダリヤさんの肩ほどまでしかなく華奢なイワンくん。「彼はまだほんの子供。うまく利用されてしまったのでは」と、少年の今後について心配する人も多い。

・合わせて読みたい→通報者は母親であり妻… ロックダウン中に娘を妊娠させた父親が逮捕

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

出産恐怖妊娠肉体関係不安帝王切開ロシア少年未成年者父性
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング