新型コロナ重症化した妊婦が帝王切開後に死亡 妊娠中は免疫力が低下

どこで新型コロナウイルスにうつったのか、感染経路がわからない妊婦。重症化したなかで帝王切開が行われたが…。

社会

2020/07/05 22:40

出産・分娩・帝王切開
(kumpolstock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス流行の「第2波」に対する不安がますます募るなか、それを食い止めるカギを握るのは20代、30代など若い世代だともいわれている。交際範囲に妊婦や乳幼児がいることも多い世代だけに、「感染してもどうせ無症状か軽く済む」などと考えるのは禁物だ。



 

■誰もが安全なお産を期待

ブラジル・サンパウロ州のボツカツ市で先月27日、ラリッサ・ブランコさんという24歳の女性が帝王切開により双子を出産した。だが直後に大量出血し、輸血の効果もなく死亡したという。

ラリッサさんは妊娠後期に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染が判明しており、しかし世界から多くの報告があるように、感染していても安全なお産が叶うものと期待されていた。


関連記事:帝王切開直後の赤ちゃんから新型コロナウイルス 胎内感染の可能性も

 

■高熱に咳症状が悪化

夫のディエゴ・ロドリゲスさんによれば、ラリッサさんは5月下旬に突然の高熱と咳でインフルエンザのような症状を呈し、それが悪化したため2週間後に病院へ。6月12日の検査で新型コロナウイルスへの感染が判明した。

慎重な観察が続くなか別の病院に転院したラリッサさんは、6月27日に双子の赤ちゃんを帝王切開で出産。赤ちゃんたちは無事だった。

次ページ
■緊急の輸血も効果なく

この記事の画像(1枚)