買い物のお供はマイバスケットの時代 マイバッグよりも断然使いやすい性能とは

ダイソーのマイバスケットで買い物体験が大きく変わった。買い物の大切なお供になるかもしれない。

話題

2020/07/06 08:00

7月1日よりレジ袋有料化が始まり、新しくエコバッグを買ったという人も多いのではないか。しかし今回、それよりも便利な商品を発見したので紹介したいと思う。


画像をもっと見る

 

■マイバスケットという選択肢

それは、ダイソーで300円(税抜き)で発売されている「ショッピングバスケット」という商品。サイズは幅43×奥行き29.5×高さ23cmとなっており、さまざまな買い物シーンで活躍する大きさだ。

一番便利なポイントは、スーパーでの買い物後にカゴから袋への入れ替え作業をしなくても良いということ。しかし、店舗によってはバスケットの利用ができないので事前確認が必要になる。


関連記事:レジ袋有料化、マイバッグの袋詰めに不安の声 「私のせいで行列になったら…」

 

■実際に買い物をしてきた

実際に近所にあるスーパーで買い物をしてみることに。ショッピングカートの下段にバスケットを置いて、会計の際に移し替えてもらうだけ。これだけで便利な買い物体験ができるのだ。

店舗内を一通り周ってからレジに並び、商品をバスケットに入れてもらって会計を終えた。普段であれば、これから袋に移し替えなくてはいけないのだが、今回はそのまま帰ることができる。袋への移し替え作業がないだけで買い物がすごく楽に感じた。


■買い物の強い味方に

最後にショッピングカートを返して買い物が終了という、あまりのスムーズさに驚きを隠せなかった。子供と一緒に買い物をする人や時間がない人は一度、バスケットを持参して買い物をしてみるとその違いが分かる。とくに車で来る人にオススメだろう。

また、多く買いすぎて商品が重い場合は、ショッピングカートを車まで持っていくことで、重量の負担がなくなる。マイバスケットは今後、利用客たちの強い味方になることだろう。

・合わせて読みたい→『ドンキ』が頼れる味方を無料開放 「買い物後」の救世主だった

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(6枚)