3ヶ月の留守が続いた自宅を不気味な生命体が侵略 衝撃の正体は…

長期の留守が続いたアパートの一室でひそかに起きていた恐怖の出来事。久しぶりに戻った家主は悲鳴をあげたという。

社会

2020/07/06 10:00

人の出入りが長い間まるでない空き家、空き部屋。そこに思わぬモノが繁殖し、久しぶりに足を踏み入れた者が仰天することがある。このたびの事例もまさに予想外の展開だったようだ。



 

■3ヶ月の留守で自宅は…

フランス・カルヴァドス県のカーンに暮らすドナ・ポレーさんという22歳の女性。彼女が先月ツイッターに投稿した画像が今、凄まじい勢いで世界に拡散している。

3ヶ月にわたりアパートの自室を留守にし、その後に戻ってきたドナさん。玄関のドアを開けたところ、目に飛び込んできたある奇妙な物体に恐怖のあまり卒倒しそうになったという。


関連記事:ノンスタ石田、自宅に定期的に届いていた謎のおむつ 差出人の正体が判明

 

■キッチン・カウンターに異変

3月、フランス政府が新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)を発表し、慌ててボーイフレンドの自宅に移り住んだドナさん。先月中旬にそれが解除となり、やっと自分のアパートに戻れたそうだ。

ところが3ヶ月ぶりの自宅では、かつて見たこともない恐ろしい「ミュータント」にキッチンのカウンターが侵略されていた。

次ページ
■巨大なアシナガグモの群れ…?

この記事の画像(1枚)