『24時間テレビ』マラソン中止に反響 「英断」「熱中症の危険も…」

今年の『24時間テレビ』は、マラソンも中止して「新しい生活様式」のもと、安全に配慮された体制での放送が決定。メインパーソナリティにはV6の井ノ原快彦がキャプテンに就任した

エンタメ

2020/07/06 12:00

V6・井ノ原快彦

日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ』が、8月22日(土)~23日(日)に放送されることが、6日放送の『スッキリ』(同系)で発表された。

本来であれば「43回目」の放送であるが、「新しい日常での1回目」として、万全の感染症対策のもと実施されるという。



 

■メインパーソナリティーは5人

総合司会には、今年も同局の水卜麻美アナウンサーが決定している他、メインパーソナリティはグループの垣根を超えた5人で構成されるそうで、そのキャプテンはV6の井ノ原快彦に決まった。

『スッキリ』に生出演した井ノ原は、「まだ決まっていないこともすごく多くて…」とも明かし、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を鑑みながら、放送内容については慎重に吟味されているという。


関連記事:張本勲氏、スポーツ界のコロナ禍に警鐘 「いつもの炎上発言控えるほど深刻」の声も

 

■テーマは「動く」

また、コロナ禍での放送となる今回のテーマは、「動く」。井ノ原は、厳しい自粛要請が出されてた時期に番組スタッフからこのテーマを聞かされ、「動けねーじゃん、動いちゃダメじゃんって思った」と、その大胆なテーマに最初は驚いたと明かす。

しかし、「思考を停止するのではなく、じゃあどうやって動けばいいのか、みんなで考えていこうというのが今年の24時間テレビ」であり、皆で希望を見出し、動き始めようという力強いメッセージが込められていると語った。

次ページ
■公道を使ったマラソンは「中止」