立憲議員の「餃子ツイート」に批判殺到 選挙管理委員会は「違反の可能性」

5日に行われた東京都知事選挙の投開票日当日、立憲民主党各議員のツイートに公職選挙法違反に該当するのでは、との指摘がネット上で相次いでいる。

政治

2020/07/06 20:00

枝野幸男

5日に行われた東京都知事選挙の投開票日当日、立憲民主党に所属する複数の議員SNSから、ハッシュタグ「宇都宮」とともに宇都宮餃子や宇都宮の思い出を突然回顧する謎ツイートが相次いだ。

今回の選挙で同党は、立候補していた元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏を支援。ネット上では一連の“宇都宮ツイート”が、宇都宮氏への投票を呼び掛けるツイートに見えるとし、「選挙期間外である投開票日当日、SNS上で立候補者への投票呼びかけを禁じる」と記されている公職選挙法に抵触するという指摘が殺到している。



 

■謎の「宇都宮」思い出話

同党の枝野幸男代表は同日早朝、「#宇都宮 #みんみん で育った私は、18才で #宇都宮 を離れてから仙台でも東京でも餃子専門店を探したが見つからず」とつづり、美味しい餃子を求め進学先の東北大学付近や都内でお店を探し回っていた過去を振り返った。

また、同党に所属している段下季一郎・筑紫野市議会議員も、「昨日は、餃子のOの持ち帰り生餃子を焼いて食べましたが、とても美味しかったです。ところで、餃子といえば #宇都宮 が有名ですね。いつか行ってみたいものです」と、不自然な「宇都宮」ハッシュタグをつけて餃子に耽った。

2人とも、前日までに宇都宮や餃子の思い出について言及したツイートがなく、「宇都宮」をハッシュタグにして投稿していることから、宇都宮健児氏との関連性を抱かせた不自然なツイートと言っても過言ではない。

同じく同党所属の出原賢治・太子町議会議員も「#宇都宮は二度訪れたことがあります」と同様のツイートを行ったところ、ツイッターユーザーから「姑息ではないか」と指摘が寄せられた。

これに対し、出原議員は「特に問題があるとは思っておりません。悪意を持って叩いてくる人はどこにでもいます」と返信し、疑惑を真っ向から否定していた。


関連記事:宇都宮健児氏、小池都政の嘘を追及 コロナ陽性者数に「数字の操作がある」

 

■ネット上では…

ネット上では、各議員のツイートに対し「組織的で悪質」「不自然なくらいの宇都宮餃子推し…」と、各議員のツイートに疑惑の声が上がった。

一方、「これ与党陣営が同じことやったら間違いなく『公職選挙法違反だ!』と騒ぎ立てるでしょ」「これほど組織だって行動している以上、国民に対して説明する義務がある」と、バッシングする声もあった。

次ページ
■選挙管理委員会に聞くと…