丸亀製麺、七夕のお願いが直球すぎる 「切実さが伝わってくる」

讃岐うどんチェーンの丸亀製麺が七夕のお願いをツイッターに投稿。はたして願いは叶うのか…。

話題

2020/07/07 15:40

丸亀製麺

讃岐うどんチェーンの丸亀製麺が7日にツイッター公式アカウントを更新。七夕のお願いを投稿し、反響が相次いでいる。



 

■今年こそ「うどんが主食に」

丸亀製麺はハッシュタグで「七夕」「今年こそ」と添えて、アスキーアートで短冊を再現して「うどんが主食になりますように」とつづった。

日本人にとって麺も主食ではあるものの、米と並ぶほど食べてほしいという願いだろう。投稿は約4時間で1,000ほどのリツイート、そして「いいね」は3,000を超えるなど、じわじわと注目を集めている。


関連記事:『丸亀製麺』月に1度の激安デー中止にファン悲痛 「ひそかな楽しみが…」

 

■ユーザーの反応は…

ユーモアあふれる投稿に、ユーザーからは「ストレートで笑った」「切実さが伝わってくる(笑)」と反響が続出。「丸亀製麺のうどんは主食ですよ」「いつも応援してます!」「丸亀製麺のうどん好きです」と励ましの声も寄せられている。

また「主食にしたいので、うちの近くにも出店してください」「近所にお店があれば…」と店舗拡大を願う声や、「海老天が安くなりますように」「ヘルシー麺が販売されますように」と“逆お願い”する声もみられた。


■斬新すぎる「氷うどん」

丸亀製麺は同日からテイクアウト専用で、氷だしをザクザクと崩して食べる「氷うどん」を一部店舗、数量限定で販売中。

販売前からSNS上では「天才の発想」「猛暑には絶対においしい」と反響が相次いでおり、販売日当日も早速楽しみにする声があがっている。「うどんが主食に」という大胆なお願いだが、もしも「氷うどん」がヒットすると、うどん主食化の第一歩になるかもしれない。

・合わせて読みたい→「麺を茹でる時の吹きこぼれ」 完全防止の裏ワザが超簡単で驚愕レベル

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一