加護亜依、想像はるかに上回る美しい着物姿がファンのハートを次々奪う

加護亜依が7日、これまでの印象とはガラリと違う“着物美人ショット”を公開。似合いすぎなその姿に反響が。

加護亜依

「モーニング娘。」元メンバーでタレントの加護亜依が7日、これまでの印象とはガラリと違う“着物美人ショット”をインスタグラムで公開。

オトナの魅力が詰まった写真の数々に、ネット上では「見惚れてしまった」「織姫ですか?」と絶賛する声が次々上がっている。



 

■七夕に合わせて…

「七夕2020 みんなの夢が叶います様に…」とコメントを添え、袖の端を持ち、しっとりとした表情を見せた加護。

メイクや髪型は明治や大正時代の女性を彷彿とさせるクラシカルな装いになっており、紺色で落ち着いたデザインの着物を妖艶に着こなしている。投稿は2回に分けて行われ、しゃがみこんだポーズや花を手に持つポーズなど、物言いたげな表情が多く非常にドラマチックだ。


関連記事:玉城ティナ、大人っぽい振袖姿に反響相次ぐ 「圧倒的な美を感じる…」

 

■1ヵ月前に撮影報告

加護は5月25日に投稿したインスタグラムで、この髪型とメイク姿を披露していた。

「今日は撮影でした また解禁になったらお知らせしますネ!」と撮影の詳細はナイショにしつつも、別ショットでは着物姿でカメラマンの撮影を受ける写真を投稿しており、ファンにとっては約1ヶ月置いてのネタばらしとなった形だ。

次ページ
■ファンから「大正ロマン風」の声