コンビニ大手3社、九州豪雨の緊急支援募金を開始 セブンはWEB受付も

九州南部を中心に甚大な被害が出ている豪雨災害。コンビニ大手各社が、店頭での支援金募金を行なっている

社会

2020/07/08 08:00


 

■ファミマ、今日から支援金を受付

ファミリーマート

ファミリーマートでも、本日8日(水)から31日(金)まての期間、全国の16,600店の店舗にて「令和2年7月豪雨災害支援募金」を開始すると発表(店舗によって開始日が異なる場合あり)。

レジ横に専用の募金箱が設置され、集まった支援金は「被災された地域の自治体等」へ届けられるという。


関連記事:ヒカキン、医療支援募金立ち上げ3日後の結果に衝撃 「すごすぎる…」

 

■ローソンは日本赤十字社へ寄付

ローソン

株式会社ローソンは、全国のローソン、ナチュラルローソンの13,776店舗にて、7日(火)から20日(月)までの14日間、レジ横に募金箱を設置。

ローソンストア100でも、本日8日(水)から20日(月)の間、全国693店舗で募金活動を実施する。同社は、集まった支援金は日本赤十字社へ寄付するとしている。

なお、いずれも店舗によって開始及び受け付け終了時刻が異なる他、被災地の店舗では状況により可能な場合にのみ実施されるという。

・合わせて読みたい→コンビニレジ袋の有料化で背徳感を覚える事例発生 「気まずい…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい