宮下草薙が現在のリアルな悩み明かす 「キャラを押しつけられて…」

『あちこちオードリー』でお笑い第7世代の宮下草薙がブレーク中の現在の悩みを吐露して…

エンタメ

2020/07/08 18:45

宮下草薙

7日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に、お笑い第7世代の一員として大ブレーク中の宮下草薙・草薙航基と宮下兼史鷹が登場。ブレーク中の現在の悩みを赤裸々に吐露した。



 

◼草薙は「ダメなやつ」

人見知り・いじられキャラの草薙に対して、オードリー・若林正恭は「絶妙にWINS(場外馬券売り場)で月末の食費を全部スっちゃうおじさん感がある」と指摘。これに春日俊彰も「蛭子能収感、ダメなおじさん感がある」と同調する。

草薙は「ダメなやつが自分の唯一のイメージ」だと明かし、テレビなどで「デキる部分がたまに出ちゃうと、スゴイ変な感じになる」と嘆く。合わせて「『やりたくない』感じでやってほしいと言われるけど、僕だって楽しい仕事もある」と主張した。


関連記事:宮下草薙、コロナ禍でコンビ格差拡大しショック 「シャレにならないレベル」

 

◼宮下も悩み

宮下は何事にもストイックなタイプだと思われていて「なにも興味ないことにも食いつかなきゃいけない」のが苦痛だと告白する。

1人で出演する草薙のために宮下が率先して「事前に番組のシュミレーションをしている」コンビとしても有名だが、全部の番組の準備をしているわけではないと宮下は主張。

地方番組でも「もちろんシュミレーションしてきたんですよね?」と聞かれ「観たことないわ、こんな番組」と心の中で悪態をつくと明かす。

次ページ
◼視聴者の反応は?