モス定番バーガーが「大人の味」にリニューアル キッズのハートもわし摑みに

モスバーガーが定番商品を大胆にリニューアル。子ども向けメニューも大胆な変化を施しており…。

グルメ

2020/07/08 14:00

モス

8日、大手ハンバーガーチェーン『モスバーガー』を展開する『モスフードサービス』が、看板商品「モスバーガー」のリニューアルを発表。都内で行なわれた発表会へとしらべぇ編集部も向かったが、他にも魅力的な新商品が登場し、思わず圧倒されてしまった。


画像をもっと見る

 

■3年ぶりのリニューアル

モス

今月16日からリニューアルされるのは、モスバーガーのミートソース。洋風のミートソースに和の調味料である「液体塩こうじ」や「お酢」「にがり」を大胆に取り入れている。

ソースと甘みと酸味がより研ぎ澄まされ、まさに「日本のミートソース」と呼ぶべき極上の仕上がりが味わえた。しかし大人の口には合いそうだが、子どもには少し早い味わいではないのかと不安もよぎってしまう。


関連記事:モスとマックの「アップルパイ」 食べ比べたら“大きな違い”がわかった

 

■もちろんキッズ向けの商品も

だが、そこはやはり天下のモスである。モスバーガーのリニューアルと同日に、「ワイワイモスバーガーセット<スライスチーズ入り>」「モスワイワイセット」などのセットメニューを展開予定。

モス

こちらは子ども向けのメニューとなっており、バーガー内のミートソースにトマトケチャップが添えられているのがポイント。通常のモスバーガーと比べ、優しい甘みをより強調することに成功していた。

親子でモスを楽しむ際、「子どもが同じバーガーを食べられない…」と言った悩みを抱えていたユーザーの声を反映させた新メニューとなっているという。


■子どもが大好きなコラボ

モス

さらに、子ども向けセットや低アレルゲンメニューのセットには、大人気の『すみっコぐらし』グッズがついてくる。こちらはペーパークラフト2種と、絆創膏2種の中から好きなものを1つ選択することが可能。

子どもの胃袋だけでなく、ハートまでもガッチリ掴みにきたモスの「攻めの姿勢」がうかがえる発表であった。

・合わせて読みたい→モスバーガー、生野菜を自宅まで届けるサービス開始 コロナ打撃の農家を支援

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(4枚)