休校でだらけた息子を許せず殺害 完璧主義の母親が逮捕される

こだわりが強く、子供にも完璧を求め続けたある女。その女にとって、生活リズムが崩れた息子は許しがたい存在に…。

2020/07/12 18:40

母と息子
(ChesiireCat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、今もなお学校に通えない子供たちがいる。休校が原因で生活のリズムが乱れている子供もいるが、このほど事件を起こした母親にとって、それは許しがたいルール違反だった。



 

■異常なこだわりと完璧主義

ブラジルで暮らすある女(33)は、夫との結婚破綻を経て離婚。子供を2人育てていたが、大変真面目で几帳面なタイプだったこともあり、周囲からは「完璧な母親」と思われていた。

冷蔵庫の中はいつも整理され、洋服は色ごとに分けて丁寧に収納する。子供たちに対しても支配欲が強く、自分が定めた規則には必ず従うようしつけていたという。


関連記事:「息子の治療費が足りません」 寄付を募った母親に詐欺疑惑

 

■息子の生活態度に異変

11歳の息子は温厚で成績も良かったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休校が続いたため、生活リズムが一変。夜も寝ずにスマートフォンでゲームをするようになったため、怒り狂った女は物干し用ロープを用いて息子を窒息死させた。

女は息子の死亡を確認すると頭に袋をかぶせ、たまたま留守にしていた隣人宅のガレージに遺体を移動。そこにあった大型段ボール箱の中に遺体を隠し、そのまま放置して帰宅した。

次ページ
■女のウソ

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

母親完璧主義精神疾患休校殺害窒息死新型コロナウイルスロックダウン腐乱死体支配欲
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング