親が目を離したすきに… 兄の火遊びが原因で弟が火だるまに

子供の手が届く場所にライターを置いたまま、トイレに向かったある父親。そのわずか数分後、末っ子は変わり果てた姿に…。

社会

2020/07/12 22:05

ライター・火
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

父親のライターを見つけた男の子が、迷うことなくそれを手に。父親の目が届かない場所で火遊びをしているうちに、近くにいた生後8ヶ月の弟の毛布に火がついた。



 

■子守をしていた父親

ウクライナで暮らす3歳の男の子と生後8ヶ月の弟が、父親に見守られながら自宅で静かに過ごしていた。

しかし父親は急にトイレに行きたくなったことから、抱いていた赤ちゃんを毛布の上に横たわらせるなり慌ててバスルームに直行。父親がトイレにこもっている間に男の子はテーブルの上に置かれたままのライターを見つけ、さっそくそれを手に取り遊び始めた。


関連記事:職場のトイレで出産した母を殺人容疑で逮捕 便器に産み落とした赤ちゃんが溺死

 

■火だるまになった赤ちゃん

ライターで遊んでいるうちに火がついたため、男の子はおおいに驚き慌てたもよう。焦り困っている間にも、ライターの火は弟の毛布にまで引火。それが原因で弟は火だるまになり、男の子は恐怖のあまり大声で叫んだという。

息子の絶叫に驚いた父親はすぐに部屋に戻ったが、あまりの惨状に愕然。それでも必死に火を消して通報し、助けを求めた。父親がトイレに入っていたのは、わずか数分間。子供たちから離れてほどなくして起きた、まさに悪夢のような大惨事だった。

次ページ
■ひどい状態で集中治療室へ

この記事の画像(1枚)