指原莉乃、木下優樹菜引退で衝撃発言 松本人志も「どえらいもの投下」と驚き

『ワイドナショー』が木下優樹菜引退に言及。そのコメントが話題になっている。

エンタメ

2020/07/12 11:50

指原莉乃

12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜の騒動が、大きく話題に。ゲストコメンテーターとして招かれた指原莉乃の持論に、注目が集まっている。



 

■「芸能界って恐ろしい」

タピオカ騒動を受け「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」と感じたという指原。その真意について、語り始める。

「芸能界って運とかでバーって売れることがある」「昔ヤンチャしてましたって人とか、一般常識ないですよって人とか(が面白がられたりする)」と話し、そのようにして持ち上げられていくことによって、感覚が麻痺していくことを示唆。

最終的には一般社会との感覚のズレが生まれていくとし、「普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまう(のか)」と驚いたという。


関連記事:指原莉乃が語る“時期はずれ”の症状 「自分もなってる」と共感相次ぐ

 

■「憧れカップル」に疑問

さらに藤本敏史と婚姻関係にあった時代に「憧れカップル」とされていたことを挙げ、「誰か本当に憧れてたんですかね」とスタジオに問いかける指原。この発言に松本人志も「最後にど偉いもの投下するの止めて」とツッコミ。

笑いながらも指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思うんですよ」と続ける。MCから「指原さんは一度も憧れたことはないんですか?」と問われると、「芸能人としては憧れる」としながらも、「(夫婦としては)ない」ときっぱり。

「メディアが持ち上げるからこんなことになっちゃう。気持ちが偉くなっちゃって」と持論を展開した。

次ページ
■「すごいぶっちゃけ」