東野幸治、自身MC番組で認知症発覚した蛭子能収にショック 「他人事じゃない」

『東野幸治の幻ラジオ』で東野幸治が、認知症が発覚した蛭子能収にショックだと明かして…

エンタメ

2020/07/13 16:00

東野幸治

12日配信のYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ 第49回』は「蛭子さんの診断にショックを受けています」と題し、アルツハイマー・認知症が発覚した漫画家・蛭子能収について東野幸治が複雑な心境を吐露した。



 

◼『主治医が…』で発覚

「心ないタレントの2大巨頭」と呼ばれ、昔からバラエティ番組で共演する機会も多かった東野と蛭子。9日放送『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)でレビー小体病とアルツハイマーの合併症を患っていると診断された蛭子について、東野が言及していく。

自身がMCを務める『主治医が見つかる診療所』だが、蛭子を心配したマネージャーから「認知症の診断をしてほしい」との依頼を受けたフリの部分だけ収録済みで、実際の診断結果は知らなかったため東野は放送を視聴。

「いやぁ、なかなかのショックでしたよ。蛭子さんまだ72歳」と診断結果に衝撃を受けたと明かした。


関連記事:東野幸治、番組冒頭に「報告があります」 その内容に心配の声も

 

◼東野「怖くなった」

蛭子は同番組の診断で、日常生活にも支障がある認知症、さらに「2次元の認識はあるけど3次元の認識はできない」症状などもあり、レビー小体型認知症とアルツハイマー病合併の認知症だと判明。

「先生曰く軽度なんで良かったんですけど、72歳でしょ、だから20年後ですよ僕の。ちょっと怖くなりましたよね。なんか他人事じゃないなぁとも思った」と東野は本音を吐露する。

次ページ
◼また一緒に仕事を…