『スッキリ』マイナポイントの選び先に迷ったら… 前田裕二氏の意見に納得の声

7月1日から「マイナポイント」の予約が開始。さまざまなキャッシュレス決済サービスの中からどれを選ぶのが正解?

エンタメ

2020/07/14 14:00

極楽とんぼ・加藤浩次

14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でマイナポイントの申し込み開始について特集。ライブ動画サービス「SHOWROOM」社長の前田裕二氏が語った、紐付けするキャッシュレス決済サービスの選び先に加藤浩次が「なるほど」と共感する一幕があった。



 

■「選び先」に困る人も

キャッシュレス決済とマイナンバーカードを紐付けることで、最大で5,000円分のポイントが還元されるマイナポイント。

還元の対象となるのは、電子マネーやQRコード決済やクレジットカードなど約100種類の決済サービスだが、紐付けられるのは1つのみ。政府が還元するのは5,000円分だが、各決済サービス独自の上乗せキャンペーンが実施されているため、どれを選んでいいかわからないと慎重になっている人は少なくない。


関連記事:新型コロナに便乗した悪質商法に関する相談激増 「身に覚えのないマスクが宅配便で…」

 

■前田氏がおすすめする選び先は…

MCの加藤浩次が「『100種類あるから選べない』っていうのはおかしいんだよ。どれからでもいけるってことなんだよ」と話すと、前田氏もこれに同調して「これを機にキャッシュレス決済サービスを使い始めるのがおすすめだと思います。明確に生活が便利になる」とコメント。

さらに、「僕ら消費者側からすると、じっと待って『特典どれ選ぼうかな』ってしててもそんなに差が出にくい。すでに利用していて便利だなと感じているキャッシュレス決済サービスか、あるいはまだ使っていない方であれば普段利用しているお店で使えるかどうかを特典よりも判断の基準におくといいんじゃないかなって」と私見を述べた。


■SNSの反響は…

どれが一番得するかではなく、あくまで自分の生活に合ったキャッシュレス決済サービスを選ぶべきという前田氏の意見に、加藤は「なるほど、たしかにそうですね」と共感。

SNS上でも「完璧すぎて腑に落ちた」「前田さんの言うことが一番理にかなっててしっくりくる」との声があがっている。

一方で、「たかだか5,000円のために面倒な手続きするのは嫌」「いまいち意味がわからない」といった否定的な声もまだまだ少なくない。

・合わせて読みたい→マックの“待ち時間ゼロ”にする方法が最強 「並んでいる人抜かせる」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一