名古屋市区役所職員が来庁者に刺され搬送 殺人未遂容疑で男を逮捕

名古屋市名東区役所で来庁者による殺人未遂事件発生。事件の詳細とは…

話題

2020/07/14 16:45

名古屋駅
(winhorse/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

14日午前11時30分ごろ、名古屋市名東区区役所職員が来庁者に刃物で刺されて、怪我をする事件が発生した。しらべぇ取材班は、区役所などから詳しい話を聞いた。



 

■男がいきなり職員を刃物で襲う

名東区役所総務課などによると、刺されたのは民生子ども課の男性職員(44)で、生活保護業務などを担当していたが自席で仕事をしていたところ、無言で近づいてきた60代ぐらいの男に刃物で刺されたという。


午後3時現在、民生子ども課及び隣接の福祉課の業務を一時的に休止している。


■消防車両計3台出動

名古屋市消防局によると、午前11時29分ごろ、区役所職員から「男性が刺された」と119番通報がはいった。消防車両2台、救急車両1台が現場に駆けつけ、救助にあたり男性を病院に搬送。

関係者によると、男性職員は背中や足を刺されたとみられ、病院に搬送される際には意識はあったという。なお、愛知県警は職員を刺したとみられる男を確保し、殺人未遂容疑で逮捕。警察の調べに対して、男は黙秘していて、身元を示すものを持っていないとのことだ。


関連記事:女性2人を切りつけ重傷を負わせた男 あきれた動機に厳罰求める声も

 

■清掃・消毒の後業務再開予定

総務課によると、警察の現場検証の後、清掃・消毒を行い終了次第業務を再開する予定だが、現時点での業務再開時間はまだ未定だ。

SNS上には「職員の容態が心配」や「絶対にあってはならないこと」といった書き込みも。さらに「コロナ渦で、生活苦となり、このような事件が増えるのかもしれない」といった声があがっている。

・合わせて読みたい→マスク着用を求められた自治体職員が激高 女性を殴りつけ逮捕

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)