SNSやゲームで 「新型コロナの自粛中にアプリの利用増」10代は7割に迫る

新型コロナでの自粛中、スマホを使用する頻度が増えただろう。アプリを使い、ゲームやSNSをしていた人もいる。

テクノロジー

2020/07/15 12:00

新型コロナウイルスによる自粛期間中には、スマホを利用する時間が増えた人も多いだろう。アプリを使用して、ゲームやSNSなどを楽しんだ人もいるはずだ。


画像をもっと見る

 

■「自粛中に利用増」4割弱

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女2,168名を対象に、「自粛中の過ごし方について」の調査を実施した。

新型コロナウイルス感染症の自粛中にアプリの利用が増えたグラフ

「新型コロナウイルス感染症の自粛中にアプリの利用が増えた」と答えた人は、全体で38.0%だった。


関連記事:原因はやはりパソコンやスマホか? 7割近くが疲れ目を感じている事実

 

■SNSやゲームなど

性年代別では、男女ともに年代が若くなるほどに割合が高くなっている。

新型コロナウイルス感染症の自粛中にアプリの利用が増えた性年代別グラフ

SNSを利用するために、アプリをよく開いていた人も。

「家にいてとにかく暇だったので、時間があればスマホを触っていた。Twitterやインスタなど、SNSを見ている時間が長かったような気がする」(10代・女性)


スマホでゲームをして、時間を潰していた人も多いようだ。

「時間があるので、スマホでゲームばかりしていた。気がつけばゲームだけで数時間経っていたという日が続いて、『これではまずい』と思ったほど」(20代・女性)

次ページ
■家族との時間を大切に

この記事の画像(3枚)