『スッキリ』池袋ホストクラブの男性、衝撃の死神ネームに「何…だと」の声

『スッキリ』新型コロナウイルスをめぐり、「夜の街」での感染リスクが指摘されている昨今。そんな中であるホストの名前に注目が…。

話題

2020/07/15 14:30

BLEACH

1日あたりの新型コロナウイルス新規感染者数が増え始め、東京都では緊迫した空気が感じられる昨今。『スッキリ』(日本テレビ系)に登場したホストクラブで働く男性の名前が、ネット上に衝撃を与えているようだ。



 

■感染者と保健所

15日放送の『スッキリ』では、突如「音信不通」の状態に陥ってしまうという感染者に注目。

陽性であることが判明したにも関わらず、保健所からの連絡に応じないどころか、所在不明になるケースもみられるという。


関連記事:小池百合子、コロナ感染判明した後次々「音信不通」となる現状に危機感

 

■連絡が途絶えるワケは…

続いて番組は、池袋のホストクラブ『Aravan Lilian』に所属する男性に話を聞いていく。同店では従業員55人が集団検査を受けた結果、28名の陽性が判明。全員が無症状で、ホテルに滞在するか自宅療養するか、保健所からの指示を待っていたという。

男性の周りに保健所との連絡を断つ陽性者の知人はいないようだが、「1週間何もできなくなっちゃう」「病院にずっといることになると、それが苦痛になる人もいる」をコメントを発しており、連絡を途絶えさせてしまう気持ちにも一定の理解を示していた。


■とてつもないインパクト

なお、視聴者の間では男性の名前が放つインパクトに注目が寄せられている。番組のテロップによると、男性の名前は「阿散井恋次」(あばらい・れんじ)と判明。

『週刊少年ジャンプ』で連載していた大人気漫画『BLEACH』に登場する同名キャラクターが由来の源氏名と思われるが、ツイッター上では「何…だと?」「恋次…いつの間に死神からホストになったんだ?」「普通に卍解して戦いそう」など反響の声が多数上がり、トレンドにも「阿散井恋次」が急浮上している。

奇しくも15日は『BLEACH』の主人公・黒崎一護の誕生日であったため、「一護の誕生日に、恋次がトレンド入りするのか…」と驚きの声を上げた視聴者も少なくない。

・合わせて読みたい→新型コロナ「接触確認アプリ」って実際どうなの? 詳しい内容に期待寄せる声も

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)